スランプについて

f:id:ntsalon:20201112145627j:plain


こんにちは。

 

今日はスランプについて話していこうと思います。

 

スランプは、独立を目指す人にとっては、命取りになります。

 

なぜかというとそれを続けることができなくなってしまう可能性があるからです。

 

例えば、プロ野球選手で年俸1億円のホームランバッターがいたとします。

 

しかし今シーズンはスランプで通算本塁打が0本でした。

 

「スランプでした、すみません」では話にならないのです。

 

これは個人事業主に置き換えると、

 

スランプで売り上げが立たないということと同じです。

 

特に私は今トレードを勉強してますが、

 

このトレードなんかは、そのスランプを色濃く反映されると思います。

 

もちろん調子よく勝てている時はいいけど、いざスランプに陥ってしまい、

 

全く勝てないという状況があれば、それは収入源が確保できないのでそれを辞めざるを得ません。

 

このくらいスランプというのはシビアな問題で、ただ調子が悪いねで片付く問題ではないのです。

 

なのでここを理解するということは非常に重要なことなのです。

 

リスクヘッジ

 

では、このスランプにはどのように対応すればよいのでしょうか。

 

そのひとつにリスクヘッジの考え方があると思います。

 

分散ということもできるかもしれません。

 

要するにもともとスランプというのはあるものだと考えて、それを前提に計画を立てるということです。

 

例えば、僕の場合もしトレードである程度利益が出せるようになったとします。

 

しかし、ある程度ではもちろん不十分なので、兼業でトレードを続けます。

 

そして10年に一度のスランプがやってきても耐えられるだけの貯えをします。

 

もしくは同時並行でトレード以外の収入源も確保しておくということです。

 

ブログやアフィリエイトなどの情報発信や、株式など配当からの副収入など。

 

トレードにおいても余裕資金で行いますので、マイナスになることはしないですが、

 

それでも資金がゼロに近くなる可能性が十分にあるわけです。

 

その場合、トレードの資金をあてにしていたら継続できません。

 

これは大変重要なことです。

 

つまり本業を頑張りつつ、副業で安定的な利益も狙いつつ、トレードで大きく利益を目指すということ。

 

根本の原因を探る

 

もうひとつは当たり前ですけど、反省と改善です。

 

PDCAともいうかもしれません。

 

つまり、スランプにも何かしら原因があるわけです。

 

物事には必ず原因と結果があります。

 

スランプという結果に陥ってしまった場合、その原因が存在しているわけです。

 

なんとなくのスランプというのは存在しません。

 

なので、その原因を根本的な部分まで追求して、見つけ出してくということ。

 

人は感情で動きますから、感情だけで良しあしを決めてしまうことはよくあることです。

 

「あの人は嫌いだ」と思うと、その人のいい部分は見えてきません。

 

人には必ず、いい面と悪い面が存在します。完璧ではないから。

 

なので、どんなに嫌いな人間からでも学ぶことはあるのです。

 

これを言い換えると、どんな失敗にももしくはどんな成功からも、反省点と改善点を見つけ出すことができて、

 

なおかつ必ずそれをしなければいけません。

 

失敗した時に、感情だけに任せて何が悪かったのかという原因を探り、反省しなければ、また同じ失敗を繰り返すかもしれません。

 

一方、成功したことを喜ぶあまり「なぜ成功したのか」を考えることを辞めてしまったらその先の成長もないし、今度は失敗が待っているかもしれません。

 

よく言われることですが、人生はマラソンです。

 

目の前の勝敗に一喜一憂するのではなく、長い目で、ペースを崩さず前進していくことが重要です。

 

まとめ

 

今回はサクッとスランプについてまとめてみました。

 

トレードでは、急激な「トレンド」は1割~2割程度で、あとは単調なレンジ相場です。

 

人生もそれと同じでの半分以上は、もしかしたら退屈な時間かも知れません。

 

しかしその退屈な時間でどれだけ真剣に考えて、勉強し準備してきたかがのちの「トレンド」に役に立つのです。

 

これは本当に「言うは易し行うは難し」ということだと思います。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

f:id:ntsalon:20201112150055j:plain